「マルチタスクが苦手」を一瞬で解決するエンタメ起業家流思考術

  • 2021年5月23日
  • 2021年5月23日
  • 思考術

 

どうも、げんです!

 

今回はマルチタスクが苦手なあなたに
とっておきのお話があります!

 

マルチタスクができる人は
器用な人だと思っていませんか?

 

同時並行で複数の作業できる人は
効率の良い人だからと諦めていませんか?

 

実は多くの人がマルチタスクに対して
誤った捉え方をしています。

 

僕もそれに気づくまでは
とても効率の悪い人間でしたし、

 

複数のことを同時にこなすなんて
自分なんかにはできないと思っていました。

 

しかし、”あること”に気づいてからは
効率良く作業できるようになりました。

 

現在僕はエンタメ起業家として
数え切れない事業に携わっています。

 

それぞれの事業でやるべきことが
細分化しているので作業は多い。

 

でも、マルチタスクができないなんて
弱音は吐かなくなりました。

 

その理由は根性論ではありません。

 

マルチタスクに対する考え方
そのものを間違っていたんです。

 

結局のところ、昔の僕を含めて
マルチタスクが苦手と言う人は

 

やるべきことをやらない理由として
「マルチタスクが苦手」と言います。

 

「たくさんやったらキャパオーバーする」
「一つのことじゃないと集中できない」

 

そういう人を何人も見てきました。

 

断言しますが、その考えで独立はできない。

 

個人の力で生きていくとなれば、
会社が作ってくれた仕組みに
甘えることは一切できなくなります。

 

全部自分でやって、
多くのことを同時にやる必要がある。

 

”同時並行が当たり前”の世界です。

 

だからと言ってマルチタスクが苦手な人に
無理矢理やらせるつもりはありません。

 

今回僕が話すのは、
マルチタスクへの苦手意識をなくす

 

”思考術”

 

です。

 

この考え方を知ればあなたもこの瞬間から
あらゆることを同時にできるようになります。

 

気がつけば「マルチタスクが苦手」なんて
言葉にしなくなっていることでしょう。

 

ですがそれに気づけないだけで
一生効率の悪い生き方をします。

 

ずっと「今はまだ」「手一杯だから」と
行動しない癖がつくことでしょう。

 

長々話すつもりはありません。

 

ほんの5分です。

 

5分でその苦手意識を克服できるよう
まとめていますので読み進めてください。

 

それでは本題です。

 

『マルチタスクが苦手』を解決する方法。

 

同時並行で必要なことをこなす思考術。

 

それは…

 

理想を叶えるために必要なことを
同時にこなすのはマルチタスクじゃない

 

という考え方を持つことです。

 

ちょっと抽象的なので具体例を挙げます。

 

例えばあなたが野球部に入って
レギュラーを目指していたとします。

 

そのために走り込みも素振りもして、
キャッチボールも筋トレもする。

 

これをマルチタスクとは思わないですよね?

 

仮に狙っているポジションが
ピッチャーだったとしても

 

投げる練習しかしないような選手は
レギュラーにはなれないと思います。

 

理想を叶えるためにいろんな練習を
することはマルチタスクではありません。

 

では次のケースはどうでしょうか?

 

平日は会社員として働きながら
仕事終わりに英会話教室に通い
休みの日にはビジネスの勉強をする。

 

マルチタスクだと思いますか?

 

答えは『人による』です。

 

その人の理想が

 

『脱サラして海外で自由に過ごしたい』

 

という状態なら、英会話を習うのも必要ですし
休みの日にビジネスの勉強をするのも必要。

 

野球部でピッチャーを目指すために
いろんな練習を同時にこなすのと同じです。

 

将来的に一つのゴールにたどり着くなら、
それはマルチタスクではありません。

 

ですが、その人が

 

・脱サラも別にしたいわけじゃない
・英語は上司にやれと言われてるだけ

 

という状態なのに無理に複数のことを
やるのはマルチタスクになります。

 

理想に繋がりもしないことですしね。

 

反対に

 

『理想のために必要でいつかやるべきこと』

 

これはもうマルチタスクと捉えずに
”必要だから今やる”という考えが大切。

 

「カーブ投げられるようになったら
 素振りとか走り込みもやるわ。」

 

なんて選手は試合に出れませんから。

 

それを認めてしまったらいつまでも
先延ばしにして時間を失います。

 

だからこそ、仮に複数のことを
同時にやらなきゃいけない時も

 

「これはマルチタスクじゃない」
「いつか必要なら少しずつでもやろう」

 

という考え方が大切になります。

 

要点だけまとめて書いてしまいましたが
僕が今回伝えたかったことは以上です。

 

マルチタスクが苦手という人は
想像以上に多いと実感しています。

 

逆に、マルチタスクが得意なんて人は
なかなか見たことがありません。

 

ですが結局それは今やらない理由に
過ぎないんですよね…。

 

「キャパオーバーしそう」

 

なんて言う人もたくさんいますけど、
自分のキャパを狭く見積もる前に

 

とりあえずやってみればいいのにって
毎回思っちゃうんですよね。

 

少しずつでも同時にできる幅を広げないと
いつまで経っても行動に移せませんから。

 

あなたももし「同時にできるかな?」と
悩んでいることがあるなら

 

とりあえずやってみることが大切です。

 

独立や起業を考えてる人は特に。

 

経営者やフリーランスはあなたより
忙しいはずですからね。

 

「マルチタスクが苦手だから」なんて
独立してる人が言うと思いますか?

 

絶対言わないですよね。

 

必要ならやる。

 

考え方一つで苦手意識はなくなります。

 

がんばってみてください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

>過去500名以上の読者から大反響!

過去500名以上の読者から大反響!


【公式ラインマガジン(無料)】

「好きなことを仕事にする」

そのために必要なことをエンタメ起業家が
直々に定期配信する公式ラインマガジン。

「何から始めたらいいかわからない」
「本気で学びたいけどお金はかけたくない」

まさしく『ゼロから』始める方のために
完全無料でこれ以上ない配信をしています。

豊富な無料学習コンテンツ配布中!

CTR IMG